July
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

24°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > あすWBCヘビー級挑戦者決定戦 元3団体統一王者ルイスが“キングコング”オルティスと激突

あすWBCヘビー級挑戦者決定戦 元3団体統一王者ルイスが“キングコング”オルティスと激突

2022年9月4日 11時07分

 あす4日(日本時間5日)米ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで開催されるPBCイベントの前日計量が現地で行われた。メインのWBCヘビー級挑戦者決定戦は、元3団体統一王者アンディ・ルイスJr(米)が268.75ポンド(121.90キロ)、元WBA暫定王者ルイス・オルティス(キューバ)が245.22ポンド(111.23キロ)をマークした。

ヘビー級対決、ルイス(左)とオルティス

 19年6月、世紀のアップセットで当時無敗だったアンソニー・ジョシュア(英)を下して世界を驚かせたルイス(32=34勝22KO2敗)は同年12月、ジョシュアとの再戦に敗れ、昨年5月の再起戦に勝利。これが1年4カ月ぶりのリングとなる。

 43歳になった“キングコング”オルティス(33勝28KO2敗2無効試合)は19年11月、当時のWBC王者デオンテイ・ワイルダー(米)に敗れたあと2連勝。まだまだ元気なところをアピールしている。ともにトップ戦線への生き残りをかけた争いとなる。

 前座では、豪快ファイトで存在感をアピールしているWBCライト級3位のイサック・クルスがWBC・S・フェザー級4位エドゥアルド・ラミレスとライト級メキシカン対決。試合はWBCライト級シルバー王座決定戦として行われる。

また、元3階級制覇王者アブネル・マレス(メキシコ)が18年6月、WBAフェザー級王者レオ・サンタクルス(メキシコ)に敗れて以来、実に4年3カ月ぶりの復帰戦に挑む。ミゲール・フローレス(メキシコ)とのフェザー級10回戦だ。Photo by Stephanie Trapp/TGB Promotions

Related article
関連記事