日本語

Home > ニュース > 最新日本ランキング 元日本ライト級王者の西谷和宏、激闘の日本ランカー高橋竜也が引退
ニュース

2022年9月29日 木曜日

最新日本ランキング 元日本ライト級王者の西谷和宏、激闘の日本ランカー高橋竜也が引退

 JBC(日本ボクシングコミッション)は28日、都内で日本ランキング会を開き、最新9月度の日本ランキングを作成した。

高橋竜也(左)と西谷和宏

 チャンピオン陣では、S・フェザー級の坂晃典(仲里)がV2をマーク。坂は17日の防衛戦で奈良井翼(RK蒲田)にダウンを奪われながら逆転の6回TKO勝ちで生き残った。S・ライト級2冠王者の平岡アンディ(大橋)はアルビン・ラガンベイ(比)に快勝したが、これはWBOアジアパシフィック王座のみがかけられた試合。

 今月新たにランキング入りしたのは、ミニマム級8位の小林豪己(真正)、フライ級12位荒川竜平(JBS)、バンタム級11位のテルのび太(緑)、S・バンタム級12位水谷直人(KG大和)、S・フェザー級12位一道宏(T&T)など。

 またWBOアジアパシフィック王座を返上したミニマム級の重岡優大(ワタナベ)は1位に。OPBF王座から陥落したS・フライ級の橋詰将義(角海老宝石)、バンタム級の栗原慶太(一力)も、それぞれ日本ランキングに組み込まれた。

 久我勇作(ワタナベ)や西谷和宏(VADY)、伊藤雅雪(横浜光)らの元王者たちのほか、バンタム級高橋竜也(ヤマグチ土浦)、S・ウェルター級コブラ諏訪(ピューマ渡久地)らが引退によりランキングから外れた。

Related

関連記事