日本語

Home > ニュース > 4階級制覇狙う田中恒成が再びアメリカ合宿「いい緊張感で取り組めている」
ニュース

2022年9月29日 木曜日

4階級制覇狙う田中恒成が再びアメリカ合宿「いい緊張感で取り組めている」

 世界復帰を狙う田中恒成(畑中)が再びアメリカ合宿を行っている。9月上旬から5週間に及ぶもので、豊富な実戦練習をこなしつつボクシング全体の積み上げを図っている。

米国合宿は「強くなるためだけ」が目的の田中。次戦が楽しみ

 田中にとっては2度目となるアメリカでのキャンプ・トレーニング。前回は今年3月から4月にかけて滞在。すでに3階級で世界王座を手にした田中をして「あそこに行けば俺は絶対に強くなれる」と言うほど、大きな刺激を受けていた。

 そして帰国後の6月の試合で橋詰将義(角海老宝石)に大勝しているが、田中は「秋にもう一度アメリカに行きたい」と語っていた。今の田中は強くなることに全力で集中している。

 今回はまずラスベガスに3週間滞在。現地のトップランクジムを拠点に練習し、現在はロサンゼルスに移動している。ロスではワイルドカードで動いている。

 田中は「いろいろなジムでのトレーニングやスパーリングで、いい緊張感を持って取り組めています」と語っている。10月10日に帰国して、年内に計画される次戦に向けて調整を続けるつもりだ。

Related

関連記事