March
03
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 前WBCヘビー級王者ワイルダー、怪物復活を約束 あさってヘレニウスと復帰戦

前WBCヘビー級王者ワイルダー、怪物復活を約束 あさってヘレニウスと復帰戦

2022年10月14日 10時46分

 前WBCヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米)があさって15日(日本時間16日)、1年ぶりにリングに復帰する。ワイルダーは昨年10月、タイソン・フューリー(英)との第3戦でダウン応酬の激闘の末、11回KO負け。カムバック戦の相手は元欧州ヘビー級王者でWBA2位のロバート・ヘレニウス(フィンランド)。試合はWBCヘビー級挑戦者決定戦として、ニューヨークのバークレイズ・センターで行われる。

ワイルダー(左)とヘレニウス。かつてのスパーリングパートナー

 マイクを手にワイルダーは「我々は以前スパーリングパートナーでお互いにリスペクトしている。でも心配しないでほしい。土曜日の夜、私は怪物になる。火花が散るファイトを約束する」とコメント。42勝41KO2敗の強打の復活を誓う。

 対するヘレニウスは「自分を信じていなかったら私はここにいない。世界ヘビー級チャンピオンになれると信じている。楽勝になるかもしれない」と不遜に語った。

 セミでは元S・ミドル級王者同士、カレブ・プラント(米=元IBF王者)とアンソニー・ディレル(米=元WBC王者)がWBC・S・ミドル級挑戦者決定戦を行う。

 同級4団体統一王者カネロ・アルバレス戦以来のリングとなるプラントは「私は彼を圧倒し、彼は逃げ回るだろう。彼が完ぺきなコンディションであることを望む」と余裕の発言。一方ディレルは「彼がリングを駆け回ることが唯一、私を引退させる方法だ。ヒットを奪えなかったら彼は何をする?私は作戦を実行して彼を追い立てる」と返した。

 イベントはFOXスポーツが全米にPPV中継する。Photo by Stephanie Trapp

Related article
関連記事