日本語

Home > ニュース > WBOがミドル級王者アリムハヌリにムンギア戦を指令 無敗対決実現するか
ニュース

2022年11月21日 月曜日

WBOがミドル級王者アリムハヌリにムンギア戦を指令 無敗対決実現するか

 WBOはミドル級王者ジェニベク・アリムハヌリ(カザフスタン=写真)と同級1位ハイメ・ムンギア(メキシコ)に対して指名防衛戦の交渉の入るようオーダーを出した。交渉期限は12月5日までの15日間としている。

 アリムハヌリ(13勝8KO無敗)は今年5月、ダニー・ディグナム(英)に勝利して暫定王座を獲得。正規王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)の王座返上、S・ミドル級進出に伴い正規王者に昇格し、今月12日に初防衛に成功した。

 WBO・S・ウェルター級王座を5度防衛したムンギア(41勝33KO無敗)は20年にミドル級に進出して先週末の試合を含めて既に7試合でファイトしている。今春にはWBC王者ジャモール・チャーロ(米)への挑戦が決まったと報じられたが、最終的に中継局の都合が折り合わずに実現しなかった。

 19日の試合後、WBAスーパー&IBF王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の名前を口にしていたムンギアがどのような選択をするのか。ムンギアをプロモートするサンフェル・ボクシングとGBP、アリムハヌリを擁するトップランクの判断に注目が集まる。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事