日本語

Home > ニュース > カネロにイギリス初上陸プラン浮上 ハーン氏が暫定王者ライダーとの防衛戦構想明かす
ニュース

2022年11月29日 火曜日

カネロにイギリス初上陸プラン浮上 ハーン氏が暫定王者ライダーとの防衛戦構想明かす

 マッチルームボクシングのエディ・ハーン氏がS・ミドル級4団体統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ=写真)の次戦プランをぶち上げた。来年5月、ロンドンのエミレーツ・スタジアムでWBO同級暫定王者ジョン・ライダー(英)が相手というもの。ボクシングシーンが報じている。

 それによると、ハーン氏は傘下のライダーが先週末、WBO同級暫定王座を獲得し、カネロの指名挑戦者になったことを受けてカネロとライダーの対戦を計画。会場はプレミアリーグのアーセナルが本拠地とする6万人規模のエミレーツ・スタジアムを候補に挙げた。

 ハーン氏は「エディ・レイノソ(カネロのマネジャー)に『ライダーは指名挑戦者だ。5月にエミレーツで試合をしよう』とのメッセージを送った」と明かした上で、「これはカネロをイギリスに連れてくるチャンスかもしれない。信じられないことだ。一線を超えることができるかどうか見てみよう」とコメントしている。

 カネロは今年9月、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)との第3戦に勝利したあと、じん帯を損傷した左手首を手術して休養に入った。本人は今年5月にまさかの黒星を喫したWBA・L・ヘビー級王者ドミトリー・ビボル(ロシア)とのリマッチを来年9月に、その前の5月に1試合はさむことを希望している

 ライダーは今月19日、下馬評を覆して無敗のザック・パーカー(英)を下して暫定王座を獲得。パーカーが負傷して途中棄権という内容だったが、ハーン氏は「彼は非常に優れたファイター。カネロの相手にふさわしい」と持ち上げる。カネロの次戦対戦相手は何人か名前が上がっている中、ライダーが急浮上する形となった。

いずれにしても5月の対戦相手も会場もスーパースターであるカネロ次第というところ。ハーン氏によればカネロはイギリスでのファイトに興味を示しているそうだが、ライダーが幸運をゲットできるのか、水面下の駆け引きはまだまだ続きそうだ。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事