April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 報知プロスポーツ大賞 2年連続受賞の山中

報知プロスポーツ大賞 2年連続受賞の山中

2013年12月27日 0時43分

 今年3度の防衛戦をすべてKOで飾ったチャンピオン、山中に豪華なごほうび――WBC世界バンタム級王者山中慎介(帝拳)が26日東京ドームホテルで催された「2013報知スポーツ大賞」の授賞式に出席。大リーグ入りが決まったばかりの「時の人」マー君らとともに表彰を受けた。

 この催しは、スポーツ紙(スポーツ報知)が読者投票をもとに毎年活躍した選手を野球・相撲・ゴルフ・ボクシングのプロスポーツ4部門で選び表彰するもので、山中はボクシング部門で2年連続受賞となった。プロ野球の田中将大(楽天)、阿部慎之助(巨人)、相撲の横綱白鵬、プロゴルフの松山英樹、宮里美香らの受賞者とともに授賞式に出席した山中は、「錚々たるメンバーと一緒にいられて、とてもうれしいです」と素直に喜びを語った。

 来年の抱負を聞かれ「ラスベガスでビッグをしたいので、実現できれば……」。ついでに来年3月に2人目の子どものパパになることも打ち明けた山中。「子供からパワーをもらっているので(2人目が誕生すれば)絶対に力になる。来年も活躍できると思う」と頼もしい予言をしてくれた。写真は故・黒沢明監督デザインのトロフィーを手にする受賞者たち。右から則元昴大(フレッシュ賞)、山中、松山、田中、阿部、宮里、白鵬、佐藤真海(特別賞)。

Related article
関連記事