September
25
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 年間表彰選手選考、ノミネート決まる

年間表彰選手選考、ノミネート決まる

2013年12月27日 17時48分

井岡一翔
 今年も恒例の年間表彰選手選考が近づいてきたが、このほど各賞のノミネートが決まった。これは新聞・テレビ・専門誌の東西メディアが日本ボクシングコミッションの委嘱を受け、担当したもの。表彰選手選考会は来年1月7日に開かれる予定。
 
内山高志
 最優秀選手賞には山中慎介(帝拳)、内山高志(ワタナベ)、井岡一翔(井岡)、八重樫東(大橋)、亀田大毅(亀田)の5人が挙げられた。内山と井岡は大みそかに防衛戦を控えている。
 
 技能、殊勲、敢闘の各賞はそれぞれMVP候補5人に加え、技能=亀田和毅(亀田)、三浦隆司(帝拳)、殊勲=亀田興毅(亀田)、亀田和、三浦、高山勝成(仲里)、金子大樹(横浜光、内山戦の勝利が条件)、敢闘=宮崎亮(井岡)、荒川仁人(八王子中屋)らがノミネート。
 
山中慎介
 ほか、KO賞は山中、内山、井岡、三浦が候補となり、新鋭賞には村田諒太(三迫)、岩佐亮佑(セレス)、和氣慎吾(古口)、亀田和、藤本京太郎(角海老宝石)、金子、小原佳太(三迫)らフレッシュな面々が挙げられている。2013年のベストファイト「年間最高試合賞」候補は三浦-トンプソン、山中-ツニャカオ、内山-パーラ、八重樫-ソーサ、五十嵐-八重樫など。
 
 また女子MVPは藤岡奈穂子(竹原&畑山)、宮尾綾香(大橋)、小関桃(青木)がノミネートされた。
Related article
関連記事