June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ユーリ阿久井政悟が2.4後楽園でメイン WBC14位バイソンと“世界前哨戦”

ユーリ阿久井政悟が2.4後楽園でメイン WBC14位バイソンと“世界前哨戦”

2023年1月11日 18時00分

 4日付で3度守った日本フライ級王座を返上したユーリ阿久井政悟(倉敷守安)が2月4日(土)後楽園ホールで行われる第621回ダイナミックグローブのメインイベンターを務めることになった。一昨年7月の桑原拓(大橋)戦以来の“聖地”登場だ。

後楽園でバイソンとの世界前哨戦に臨む阿久井

 当日はフライ級ノンタイトル10回戦で、WBA同級2位の阿久井はWBC・L・フライ級14位のジェイソン・バイソン(比)と対戦する。守安竜也会長は日本タイトルを返上後は本格的に世界挑戦準備に入ることを明らかにしている。

 相手のバイソンは24歳のオーソドックス。ここまで10勝5KO1分1無効試合のレコード。阿久井は17勝11KO2敗1分。なお阿久井がダイナミックグローブのメインに出場するのはこれが初めてとなる。

 またアンダーカードでは、アマチュア時代に高校2冠のL・フライ級、高見亨介(帝拳)の8回戦(対戦相手はレイマーク・アリカバ=比=)やアマチュア全日本L・フライ級王者、松本流星(帝拳)のプロデビュー戦(対戦相手はエルソン・トリニダード=比=)など、8回戦3試合、6回戦2試合が予定されている。

Related article
関連記事