日本語

Home > ニュース > メキシコにベルトを 3階級制覇ねらうナバレッテとフェザー級王座挑戦のララがタッグ
ニュース

2023年1月24日 火曜日

メキシコにベルトを 3階級制覇ねらうナバレッテとフェザー級王座挑戦のララがタッグ

 2階級王者でWBO・S・フェザー級王座決定戦に出場するエマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)とWBAフェザー級王者リー・ウッド(英)に挑むマウリシオ・ララ(メキシコ)が合流。間近に迫った試合に備えてスパーリングで手合わせしている。メキシコのボクシングサイト「イスキエルダッソ」が伝えた。

ナバレッテ

 元WBO・S・バンタム級&フェザー級王者ナバレッテは2月3日、米アリゾナ州でリアム・ウィルソン(豪州)とシャクール・スティーブンソン(米)が体重オーバーによって失ったWBO・S・フェザー級王座を争う。

「ブロンコ(ララのニックネーム)のアグレッシブさが私に役立っている。彼はマキナ(機械)のようにパンチを繰り出し、被弾すると必ず打ち返してくる」と自身のキャンプに招いたララを評価。2ヵ月半に渡るトレーニングの最終段階にあたり勝利の手ごたえを感じている様子だ。

 一方2月18日、英国ノッティンガムでウッドに挑戦するララも“バケロ”ナバレッテとの切磋琢磨は効果満点。記事ではスパーリングの映像も添付され、激しいブローをナバレッテと交換している。

 ナバレッテがウィルソンに勝って戴冠すれば、メキシコ人として10人目の3階級制覇王者となる(米国在住のレオ・サンタクルスとアブネル・マレスを含む)。またララがウッドを下してベルトを獲得すれば、シュガー・ラモス(出身はキューバ)から最新のルイス・アルベルト・ロペスまで数えて28人目のメキシコ人フェザー級王者となる。

Related

関連記事