April
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井上尚弥4団体統一記念 バンタム級モンスタートーナメント開催 優勝賞金1000万円

井上尚弥4団体統一記念 バンタム級モンスタートーナメント開催 優勝賞金1000万円

2023年1月27日 18時18分

「フェニックスバトル」をプロモートしている大橋ジムは27日、バンタム級選手が8人出場するトーナメント戦「井上尚弥バンタム級4団体統一記念杯 モンスタートーナメント」を開催すると発表した。優秀賞金は1000万円が用意される。

広く参加者を募った大橋会長

 この日、記者会見した大橋会長は「最初は他のクラスで考えていたが、井上が4団体統一をしたということで、バンタム級で開催することにした。多くの選手にチャンスを作りたい。尚弥も喜んでいる」と開催の動機を説明した。

 冠に井上尚弥の名前を持ってくるだけにファイトマネーはかなり太っ腹だ。決勝戦のファイトマネーは、日本、東洋太平洋、WBOアジアパシフィック王者で500万円、世界ランカー400万円、日本、東洋太平洋ランカー300万円、ノーランカー200万円。これは優勝賞金とは別だ。準決勝と予選のファイトマネーは決まっていない。

 スケジュールは初戦が5月20日の墨田区総合体育館、準決勝が8月30日、決勝は12月26日で会場は後楽園ホール。基本は8回戦だが、王者が出場した場合は防衛戦がトーナメント戦を兼ねるケースも想定しており、その場合はタイトルに応じたラウンド数になる。

 DANGANが19年から20年にかけて「山中慎介presents GOD’S LEFT バンタム級トーナメント」が開催し、このとき優勝したのがのちに東洋太平洋王者となる大橋ジムの中嶋一輝だった。今大会ではDANGANも協力。試合の模様はdTV、ひかりTVで配信を予定している。

Related article
関連記事