April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井上尚弥が次戦に向けパートナー手配 2月に米ホープ、3、4月に2人ずつメキシカン招へい

井上尚弥が次戦に向けパートナー手配 2月に米ホープ、3、4月に2人ずつメキシカン招へい

2023年1月27日 18時59分

 大橋秀行会長は27日、バンタム級4団体王座を返上しS・バンタム級進出を表明した井上尚弥(大橋=大橋)の今後のスケジュールについて言及した。

 次戦についてWBC&WBO王者スティーブン・フルトン(米)との対戦が合意に達したと報じられたが、この点については大橋会長からコメントはなし。ただし、スパーリング・パートナーについては既に手配を整えつつあることを明かした。

 まずは2月11日にジャフェスリー・ラミドが来日。ラミドはアマチュアで全米選手権を制し、20年にプロデビューして10勝5KO無敗。アマ時代にワシル・ロマチェンコの練習パートナーを務めていたことでも知られる。19年に来日して井上とのスパーを経験している。

 3月にはメキシコから無敗の強豪選手を2人呼び寄せ、4月にもフレッシュなメキシカンを2人招へいする予定。S・バンタム級転向第1戦に向けて準備は着々と進んでいるようだ。

Related article
関連記事