June
14
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 3.20日本バンタム級戦 V2狙う堤聖也が南出仁と同級生対決「強い挑戦者に勝って存在感示す」

3.20日本バンタム級戦 V2狙う堤聖也が南出仁と同級生対決「強い挑戦者に勝って存在感示す」

2023年2月1日 15時41分

 3月20日に後楽園ホールで開催される「DANGAN256」の記者会見が1日、都内で開かれ、メインの日本バンタム級タイトルマッチに出場する王者の堤聖也(角海老宝石)、指名挑戦者の南出仁(セレス)ら出場選手が出席した。

チャンピオン堤(左)とチャレンジャー南出

 堤(6勝5KO2分)はこれが2度目の防衛戦。南出(7勝5KO2敗)について「一瞬のスピード、パワーは僕より上で技術もある。手強い選手」と最大限評価しながら「試合になれば総合的に僕が勝つと思う」とタイトル防衛に自信。「強い挑戦者にいい内容で勝って存在感を示したい。世界をやって大丈夫だと思われるような試合をしたい」と決意を述べた。

 平成国際大出身の堤と駒澤大出身の南出は1995年生まれの同級生で大学時代から互いを知る。階級が違ったため対戦はなかったが、ともに全国優勝には手が届かず、「会う度に次は勝とうと励まし合っていた」(堤)という仲だ。

 日本タイトル初挑戦となる南出は堤を「パンチ力も当て勘もある。ディフェンスも良くてまとまっている。スイッチもしてくるのでやっかい」と大いに警戒。「先のことは考えない。この試合に集中する」と必勝を期した。

Related article
関連記事