May
24
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 柴田の世界タイトル獲得ならず WBC女子L・フライ戦

柴田の世界タイトル獲得ならず WBC女子L・フライ戦

2013年3月3日 13時08分

 
激しく打ち合う柴田(右)とサモラ

 3日、後楽園ホールで行われたひな祭り女子世界戦の第一弾、WBC女子世界L・フライ級王座決定戦は、5位の柴田直子(ワールドスポーツ)が3位のイベス・サモラ(メキシコ)に1-2(96-94、94-96×2)の判定で敗れ、世界タイトル獲得はならなかった。

 
サモラ

がっしりした体格のメキシカンはスタートからエンジン全開。徹底して前に出ながらジャブ、左右のフックを上下に打ち込み、柴田にプレッシャーをかけ続けた。打ち合いを余儀なくされた柴田はボディブローや右ストレートをあてて対抗したが、力強さではサモラが上という印象。7回終了後の公開採点は3者とも1ポイント差でサモラのリードだった。

 逆転を狙う柴田は9回に右を決めて見せ場を作ったが、サモラの推進力は最後まで止まらなかった。柴田は2度目の世界挑戦失敗。柴田は9勝3KO3敗。サモラは17勝7KO5敗。

Related article
関連記事