June
22
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

28°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 岸田聖羅がメインで韓国選手に勝利 全日本新人王の松本海星は連打で圧勝 神戸の興行

岸田聖羅がメインで韓国選手に勝利 全日本新人王の松本海星は連打で圧勝 神戸の興行

2023年4月2日 22時59分

 千里馬神戸、SUN-RIZE、VADYの神戸市の3ジムの合同興行「第66回千里馬スーパーファイト」は2日、神戸常盤アリーナで行われた。メインのS・フェザー級8回戦は、日本同級16位、岸田聖羅(24=千里馬神戸)が5勝4KOの崔榮斗(28=金沢)が対戦。ジャブを主体に丁寧に攻撃を組み立てた岸田が右パンチで優位を主張する崔の攻撃を寸断して、3-0の判定で8勝目をマークした。

岸田(右)は思い切りのいいファイトで8勝目

 セミの56.5キロ6回戦に全日本バンタム級新人王の松本海星(21=VADY)が登場、4勝3KO6敗1分とキャリア豊富な吉岡新(マナベ)と対戦した。松本は得意の左フックでボディを攻めるも、吉岡は一歩も引かず反撃、1回から打ち合いが続いた。最終6回は松本が連打して追い詰めるも、吉岡はダウンを拒否した。松本はデビューから5連勝(3KO)をマークした。

最終回にラッシュをかける松本(右)

◇S・フェザー級8回戦
岸田聖羅(千里馬神戸)[3-0(79-73、78-74×2)]崔榮斗(金沢)

◇56.5キロ6回戦
松本海星(VADY)[3-0(59-55×2、60-54)]吉岡新(マナベ)

◇56.5キロ6回戦
諏訪亮(SUN-RIZE)[3-0(59-54、60-53×2)]海野利樹(伴流)

◇S・フェザー級6回戦
酒本龍一(VADY)[TKO3回1分33秒]星本浩史(進光)

Related article
関連記事