July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

26°C Mist
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 那須亮祐がランカー対決に快勝 元東洋太平洋ウェルター王者 長濱陸が復帰戦を飾る

那須亮祐がランカー対決に快勝 元東洋太平洋ウェルター王者 長濱陸が復帰戦を飾る

2023年4月16日 23時47分

 グリーンツダジム主催の「第28回クラッシュボクシング」は16日、大阪市のエディオンアリーナ大阪第二競技場で行われた。メインのバンタム級8回戦は、日本同級6位の那須亮祐(グリーンツダ)が同級11位、宇津見義弘(ワタナベ)と対戦、互いに有効打を欠いたが、那須の攻勢が目立ち、3-0の判定勝ち。

ランカー対決を制した那須(右)

 セミのウェルター級8回戦に元OPBF同級王者の長濱陸(石田)が登場、新鋭の柴田尊文(グリーンツダ)と対戦した。角海老宝石から移籍、大阪に住まいを移した長濱は2年3カ月ぶりのリングだったが、左フックを中心に組み立てて、じりじり距離を詰める柴田の連打を許さず2-0の判定勝ちを収めた。

元OPBF王者の長濱(左)は2年3カ月ぶりのリングで2-0勝ち

 50キロ契約8回戦は、20年L・フライ級全日本新人王西軍代表の木村彪吾(グリーンツダ)が長身のタイ人選手を右ストレート、ボディパンチで追い詰め、ダメージを負ったタイ人選手が棄権を申し入れたため、5回終了TKO勝ち、初の8回戦を勝利した。

木村(右)は初の8回戦で勝利

◇バンタム級8回戦
那須亮祐(グリーンツダ)[3-0(78-74×2、79-73)]宇津見義弘(ワタナベ)

◇ウェルター級8回戦
長濱陸(石田)[2-0(76-76、77-74、78-75)]柴田尊文(グリーンツダ)

◇50キロ8回戦
木村彪吾(グリーンツダ)[TKO5回終了]ナティー・トンサリンキー(タイ)

Related article
関連記事