July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > あすWBOミドル級に村田諒太に敗れたバトラー挑戦 WBOバンタム級はモロニーか、アストロラビオか

あすWBOミドル級に村田諒太に敗れたバトラー挑戦 WBOバンタム級はモロニーか、アストロラビオか

2023年5月13日 10時05分

 明日13日(日本時間14日)トップランク社が米カリフォルニア州ストックトンのストックトン・アリーナで開催するイベントの計量が12日行われた。メインとセミで挙行される2つの世界タイトルマッチに出場する4選手はいずれもリミットアンダーで無事に合格した。

あす激突のアリムハヌリ(左)とバトラー

 メインのWBOミドル級戦は、王者ジャニベク・アリムハヌリ(カザフスタン)が159.2ポンド(72.21キロ)、挑戦者6位スティーブン・バトラー(カナダ)が159.6ポンド(72.39キロ)を計測しリミットの160ポンドをクリアした。

 アリムハヌリ(13勝8KO無敗=30)は昨年、ダニー・ディグナム(英)との王座決定戦に2回KO勝ちで王座を獲得。デンゼル・ベントレー(英)に判定勝ちで初防衛を果たした。プロキャリアは少ないがアマチュアで豊富な経験があり、ミドル級全ベルト統一を目指している。

 バトラー(32勝26KO3敗1分=30)は19年12月、日本で村田諒太に挑戦して以来の世界挑戦。村田戦後、メキシコでもTKO負けしたが、その後4連勝して明日のリングを迎える。昨日の記者会見ではフェイスオフで長く王者とにらみ合ったが、計量では数秒で退去した。

バンタム級王座を争うモロニー(左)とアストリラビオ

 セミのWBOバンタム級王座決定戦は、同級1位ジェーソン・モロニー(豪州)が117.8ポンド(53.43キロ)、同2位ビンセント・アストロラビオ(フィリピン)が117.2ポンド(53.16キロ)でリミットの118ポンドをパス。

 モロニー(25勝19KO2敗=32)は20年に井上尚弥(大橋)に挑んでKO負け後4連勝。当初は井上が返上したベルトの一つ、WBCバンタム級王座決定戦をノニト・ドネア(フィリピン)と争う運びだったが、WBO王座へ方向転換した。

 アストロラビオ(18勝13KO3敗=26)は昨年12月、ニコライ・ポタポフ(ロシア)とのIBFバンタム級挑戦者決定戦で6回KO勝ち。しかしこちらもWBO王座に標的を定めた経緯がある。両者の思惑がどう左右するか注目される。Photos by Mikey Williams/Top Rank via Getty Images

Related article
関連記事