July
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

33°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 豪州のスター、チューが犬に噛まれて右腕手術 3週間後に試合 関係者は「問題なし」強調

豪州のスター、チューが犬に噛まれて右腕手術 3週間後に試合 関係者は「問題なし」強調

2023年5月30日 16時05分

 オーストラリアのスター選手、WBO・S・ウェルター級暫定王者のティム・チューが犬に噛まれて緊急手術――。チューは6月18日、同国ゴールドコーストでカルロス・オカンポ(メキシコ)と暫定王座の防衛戦を予定している。オーストラリアのフォックススポーツなどが伝えた。

 フォックススポーツによると、チューは日曜日に開かれたバーベキューに参加した際、友人の犬に右前腕の後ろを噛まれた。そのまま病院に救急搬送されて手術を行ったという。

 心配されるのはチューの容体、そして3週間後に迫る試合が開催されるかどうか。ノーリミットボクシングのジョージ・ローズCEOは「このニュースを聞いたときは私もみなさんと同じようにショックを受け、心配した」、「世界タイトル戦の数週間前にファイターが入院するというのは決して理想的な準備とは言えないが、現時点で一番のニュースはティムが大丈夫だということだ」と話し、試合の開催に楽観的な見方を示している。

 殿堂入りボクサー、コンスタンチン・チューの息子でデビューから22戦全勝16KOをマーク。今年1月には4団体統一王者ジャーメル・チャーロ(米)への挑戦が決まりながら、チャーロの負傷により試合はキャンセル。これより設けられた暫定王座戦でトニー・ハリソン(米)を下して暫定ベルトを腰に巻いた。

 オカンポ戦に勝利して年内にチャーロ戦を実現させるというのがチュー陣営の描く青写真だ。関係者が説明するようにたいしたけがではないのか、あるいはやはりオカンポ戦をキャンセルするのか。もう少し様子を見る必要がありそうだ。

Related article
関連記事