2014年4月13日日曜日

ジェシー・バルガスが新王者に、WBA・S・ライト級

 12日(日本時間13日)パッキャオvsブラッドリーⅡの前座で行われたWBA世界S・ライト級タイトルマッチは、無敗のホープ、ジェシー・バルガス(米)が王者ハビブ・アラフベルディエフ(ロシア)を3-0判定で下して新王者に輝いた。スコアは2者が115-113、1者が117-111。アラフベルディエフは2度目の防衛に失敗。

ジェシー・バルガスが新王者に(ボクシングニュース)

ボディを攻めるバルガス(右)

 サウスポーがアラフベルディエフがプレッシャーをかけ、バルガスが下がりながらカウンターを狙う展開。米国期待のバルガスは右ボディストレートからボクシングを組み立て、3回には右ストレートを的中させた。

 中盤からはチャンピオンのプレッシャーがさらに強まり、バルガスもアッパーや右ストレートなど単発のパンチで対抗。アラフベルディエフの左が決まり、バルガスの動きが止まる場面があるなど、王者が押しているように見えたが、ジャッジは3者ともバルガスを支持した。バルガスは無敗レコードを24(9KO)に伸ばした。初黒星のアラフベルディエフは20勝9KO1敗。

 WBA暫定S・フェザー級タイトルマッチはブライアン・バスケス(コスタリカ)がホセ・フェリックスJr(メキシコ)を3-0判定で下した。スコアは117-110、114-113が2人。WBA同級正規王者は内山高志(ワタナベ)。バスケスは12年大みそかに内山に挑戦して完敗している。NABO北米ライト級王座決定戦は、レイムンド・ベルトラン(メキシコ)がアラシュ・ウズマニー(カナダ)に3-0判定勝ち。118-110、117-111×2。Photo/SUMIO YAMADA