2015年6月7日日曜日

亡き友に捧げる白星 17歳の加納陸が3回KO勝ち

 大成ジム主催の三田市の試合は2月に難病で亡くなったボクサーの卵・服部海斗君の追悼興行として行われ、セミの4回戦では兄の服部力斗(大成)がソリミン・ソワノ(インドネシア)に3-0判定勝ちし、リング上でうれし泣きした。

 またメインのミニマム級6回戦では、海斗君の同僚で昨年16歳で海外プロデビューを果たした加納陸(大成)がマリホット・フタジュル(インドネシア)を3回の猛攻で沈め、この回1分30秒KO勝ち。国内プロデビュー戦を白星で飾るとともに、天国の亡き同僚に勝利を捧げた。


-->