0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年5月15日月曜日

村田諒太が実戦練習打ち上げ、初世界戦まであと5日

 WBAミドル級2位の村田諒太(帝拳)が15日、都内のジムで3ラウンドのスパーリングを行い、この日で実戦練習を打ち上げた。村田は20日、有明コロシアムのトリプル世界戦で同級1位アッサン・エンダム(仏=カメルーン)とのWBA世界ミドル級王座決定戦に挑む。

 エンダムが公開練習を終えてから1時間後、村田は同じ帝拳ジムで5階級下の日本S・フェザー級2位、末吉大と3ラウンドのスパーリングを行った。末吉に手を出させながらプレッシャーをかける動きを確認した村田は「末吉は軽いクラスでスピードがあり、いい目ならしになった」と練習後に語った。

 対戦相手が来日し、公開練習を披露。アッパー系のコンビネーションを披露したことなどをスタッフから耳にした。「相手も下がるだけじゃなく、重心を落としてアッパーで押し返すことも考えると思う」とあらためてエンダムを分析しながら「僕は前、彼はアウトというのは変わらない」と相手の最新情報を聞いても迷いはなかった。