2017年8月14日月曜日

小浦翼、久田哲也らが最新WBCランキング入り

 WBCが8月度ランキングを更新した。OPBF王座に就いた小浦翼(E&Jカシアス)が同級10位、日本L・フライ級王者の久田哲也(ハラダ)が同級10位にそれぞれランク入りした。久田はこれで4団体すべてでランク入り。

 ほかの日本勢は、大森将平(ウォズ)がバンタム級14位に、石本康隆(帝拳)がS・バンタム級15位に返り咲き。ともに引退を表明したS・フェザー級の2人の元世界王者、三浦隆司と内山高志はランキングから名前が消えた。

 月間最優秀選手はライト級正規王者のマイキー・ガルシア(米)。ガルシアは7月29日のS・ライト級12回戦で、元4階級制覇王者エイドリアン・ブローナー(米)に判定勝ち。WBCはガルシアにダイヤモンドベルトを贈った。三浦隆司を退けたS・フェザー級王者ミゲール・ベルチェルト(メキシコ)が次点に選ばれた。