0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2017年8月14日月曜日

山中慎介ついにあすV13戦、ネリは当日8キロ増!

 あす島津アリーナ京都で挙行されるWBC世界バンタム級戦の計量が14日、京都市内のホテルで行われ、出場両選手が一発で合格した。チャンピオン山中慎介(帝拳)、1位挑戦者ルイス・ネリ(メキシコ)ともにリミット53.5キロだった。

山中「うまく調整できた」

「体が大きくはなっていますが、世界戦も14度目。うまく調整できました」。計量をパスした山中はそう語った。前日はポークステーキと温野菜を食べたといい、順調な仕上がりを思わせた。秤からおりると水分を摂り、「元気になるのが分かりますね」と回復を実感している様子。

ネリ「打ち終わりを狙う」

 一方のネリ。こちらも一度目で合格すると、フルーツやスポーツドリンクを次々に摂った。聞けば、あすの試合までに何と18ポンド(8.16キロ)も戻すという 。戻し過ぎではないかと思えるが、「これがいつも通りだ」とネリ。あらためて「山中の打ち終わりを狙って打つよ」と王座奪取を誓った。

 山中は勝てば37年前に具志堅用高氏が打ち立てた金字塔、世界タイトル防衛13度の日本記録と並ぶ。試合の模様は日本テレビ系列で19時56分から生放送。具志堅氏もゲスト解説でリングサイドに入る。