WOWOWO井上

WOWOWO井上

2018年10月18日木曜日

カネロがDAZNと大型契約、11試合400億円強!

 メキシコのスーパースター、サウル“カネロ”アルバレスがストリーミング配信サービスDAZNと大型契約を交わした。17日(日本時間18日)ニューヨークで開催されたロッキー・フィールディング(英=WBA・S・ミドル級“レギュラー”王者)vsカネロ戦のプレゼンで発表された。この試合は12月15日ニューヨークのMSGで挙行される。

 米国メディアが伝えるカネロとDAZNの契約は11試合で3億6500万ドル(約408億円)と仰天の内容。フィールディング戦が第1弾となる。その後、ゲンナジー・ゴロフキン戦で獲得したミドル級統一王者の防衛戦のオプションもあるようだ。

 カネロとプロモーターのゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)はゴロフキン戦まで大手ケーブル局HBOと契約していたが、同局が今年いっぱいでボクシング放送を打ち切り決断を下したため、新たな媒体と交渉していた。

 契約の総額を単純に11で割ると約33億円とカネロがゴロフキン戦でゲットした報酬を下回るようだが、発表された金額はあくまで保証額。GBPのトップ、オスカー・デラホーヤ氏は「ボクシングの歴史で最高額の保証契約だ」とコメント。DAZNの強力なサポートを得て、GBP傘下のプロスペクトたちを売り込むプランを明かす。

 またDAZNの米国進出の牽引車エディ・ハーン・プロモーター(マッチルーム・スポーツ)は「ボクシングのPPV放映は終焉を迎えるだろう」と予測。1試合のみの契約で1万円近い出費を強いられるPPV放映に対し1ヵ月9.99ドル(約1100円)で他のスポーツも合わせて配信されるDAZNがお得であることとアピールする。Photo:Tom Hogan-Hoganphotos/Golden Boy Promotions


-->