0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2018年11月25日日曜日

ビボルがパスカルに大差勝利 WBA・L・ヘビー級V5

 米アトランティックシティのハードロック・ホテル&カジノで24日(日本時間25日)挙行されたWBA世界L・ヘビー級タイトルマッチは、王者ディミトリ・ビボル(ロシア)が挑戦者9位ジャン・パスカル(ハイチ=カナダ)に12回3-0判定勝ち。暫定王座と合わせて5度目の防衛を果たした(正規王座は4度目)。

 初回から左フック、右ストレートでパスカルをロープへ送ったビボルが優勢に展開。5回には右で挑戦者がキャンバスに落ちたが判定はスリップ。元WBC&IBF同級王者パスカルはタフネスを発揮して耐え抜き、中盤はパンチを返して食い下がる。

 しかしスピード、パワー、勢いの差は明白で10回には前進するパスカルに王者は右ストレートを連発して攻勢。最終回にもパンチをまとめて終了。

 公式スコアは119-109×2、117-111でビボルの勝ち。ただし自慢の強打は爆発せず、8月のアイザック・チレンバとの防衛戦に続き2連続のフルラウンドの戦いとなった。ビボルは15勝11KO無敗。パスカルは33勝20KO6敗1分1無効試合。

 勝者は「もちろん、ずっとノックアウトを狙ったが、いつも実現するとは限らない。今夜は自分のスキルを披露できた。パスカルは経験とパワーを全力投球してきたと思う」と語った。