2019年3月16日土曜日

ファーマー判定でV3 女子テイラー3団体統一

 IBF世界S・フェザー級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米フィラデルフィアのリアコウラス・センターで行われ、王者テビン・ファーマー(米=写真)が挑戦者4位ジョノ・キャロル(アイルランド)に3-0判定勝ち。3度目の防衛に成功した。

 地元フィラデルフィア出身のサウスポー、ファーマーは大きな見せ場こそ作れなかったものの、スコアは117-111×2、117-110の危なげない勝利。戦績を29勝6KO4敗1分1無効試合とした。世界初挑戦失敗のキャロルは16勝3KO1敗1分。

 セミで行われたWBA・IBF・WBO女子世界ライト級王座統一戦は、WBA・IBF王者ケイティー・テイラー(アイルランド)がWBO王者ロゼ・ボランチ(ブラジル)に9回1分40秒TKO勝ちした。

 ロンドン五輪金メダリストのテイラーはデビューから13連勝(6KO)で3団体統一王者に。初黒星のボランチは14勝8KO1敗。

 前座のWBOインターナショナル・ミドル級王座決定戦は、WBO5位マチェック・スレッキ(ポーランド)がWBC14位ガブリエル・ロサド(米)に10回判定勝ち。WBO王者デメトゥリアス・アンドラーデ(米)挑戦に一歩前進した。

 スレッキは1、8回にダウンを奪ってリードしながら、9回に2度のダウンを喫して逆転負けのピンチ。ここをしのいで95-91×2、95-93で逃げ切った。