July
24
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

29°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 訃報 ジャッジのヒューバート・ミン氏死去 長谷川、内藤、八重樫らの世界戦で活躍

訃報 ジャッジのヒューバート・ミン氏死去 長谷川、内藤、八重樫らの世界戦で活躍

2023年7月1日 11時23分

 ハワイ出身の韓国系アメリカ人ジャッジ、ヒューバート・ミン氏が亡くなった。WBCがホームページ上で発表して追悼した。死因など詳しいことは明らかになっていない。

 ミン氏は1946年、ハワイで生まれ。教育学を専攻してハワイ教育省プログラムの管理官を務めた。優秀な教師としてさまざまな表彰を受けた。ボクシングの審判員は1991年に始め、55試合以上の世界タイトルマッチに携わった。

すぐれた教育者という才能をいかし、WBCリングオフィシャル委員会の委員長を20年務めて審判員の育成にも力を注いだ。WBCは「彼は辛抱強く、世界中の何百人もの審判員を訓練し、その正直さと献身ぶりは常に際立っていた」と故人を偲んだ。

 日本との縁も深く、長谷川穂積、内藤大助、八重樫東らの世界タイトルマッチで数多くジャッジを務めた。2017年12月30日のWBC・L・フライ級タイトルマッチ(寺地拳四朗×ヒルベルト・ペドロサ)が日本で最後の仕事となった。

2017年12月30日のWBC・L・フライ級戦
Related article
関連記事