February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 返り討ちか奪回か キャメロンとテイラー 比類なき王者再戦 女子S・ライト級統一戦あすゴング

返り討ちか奪回か キャメロンとテイラー 比類なき王者再戦 女子S・ライト級統一戦あすゴング

2023年11月25日 9時16分

 明日25日(日本時間26日)アイルランド・ダブリンで挙行される女子のS・ライト級4団体統一タイトルマッチの計量が24日行われた。ディフェンディング・チャンピオンのシャンテレ・キャメロン(英)は139.5ポンド(63.28キロ)、挑戦者でライト級4団体統一チャンピオンのケイティ・テイラー(アイルランド)は139.6ポンド(63.32キロ)をマーク。リミットの140ポンドをクリアした。

王者キャメロン(左)と挑戦者テイラー

 両者は今年5月20日、今回と同じ3アリーナで対戦。4団体統一チャンピオン同士の対決はキャメロンが2-0判定勝ちで防衛を果たした。女子ボクシングの第一人者の一人テイラーを下したキャメロンは、王座防衛ながら金星をあげた。

「素晴らしい準備ができ、これまで最高のコンディションに仕上がった。今回は腕の三頭筋の負傷もなくリングに上がれる」と強敵相手に連破を誓う。18勝8KO無敗。

 前回初黒星を喫したテイラー(22勝6KO1敗)は地元リングでベルト奪回を目指す。「前回よりもずっとベターな状態で試合に臨める。毎週、全力を傾けて練習に取り組んだ成果を披露する」と2階級完全制覇に並々ならぬ意欲を示す。

 オッズはおよそ2-1でキャメロン有利と出ている。イベントの模様はDAZNで26日午前4時からライブ配信される。Photo by Mark Robinson / Matchroom

Related article
関連記事