April
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ユーリ阿久井政悟 居住地の岡山県玉野市からも表彰 5.6東京ドーム防衛戦に追い風

ユーリ阿久井政悟 居住地の岡山県玉野市からも表彰 5.6東京ドーム防衛戦に追い風

2024年3月26日 9時00分

 岡山県内のジムで初の世界チャンピオンとなったユーリ阿久井政悟(WBA世界フライ級王者=倉敷守安ジム)に25日、今度は現住居地の同県玉野市から「玉野市文化・スポーツ特別顕彰」が贈られた。岡山県、出身地でジムのある同倉敷市に次いでの表彰で、玉野市では今後、阿久井に市のアンバサダー的は役割も期待している。

記念撮影に収まる阿久井(中)、柴田市長(左)ら=玉野市提供=

 同市役所での表彰式では柴田義朗市長が「世界王座獲得が市内スポーツへの活力となり、また市民にもエネルギーを与えていただいた」などと同顕彰の記念盾を贈呈。これに対し、5月6日に東京ドームで桑原拓(大橋)との初防衛戦に臨む阿久井は「必ず王者のまま玉野に帰郷します」などと必勝を誓った。

 倉敷市で生まれ育った阿久井だが、約4年前から現住所で生活。瀬戸内海沿岸に位置し「ロードワークで海岸線を走るのが心地良いし、子育てするのにも環境が良いまちです」とお気に入りの様子だ。

 市内では偶然にも25日に全国高校選抜ボクシング大会(29日まで)が開幕したほか、来年夏に予定される同競技の全国高校総体開催地にも選ばれており、今回の表彰を所管した同市教委では「阿久井チャンピオンにぜひ総体開催の機運醸成へPRに貢献いだだけたら」と当て込む。さらには「スポーツ振興や青少年健全育成に関係した行事とかでの講師などをお願いしていきたい」と末永い付き合いを望んでいる。

玉野市提供
Related article
関連記事