July
20
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

25°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 7.6世界2団体1位の岩田翔吉が登場 OPBFライト級王者の鈴木雅弘は宇津木秀と7.19再戦

7.6世界2団体1位の岩田翔吉が登場 OPBFライト級王者の鈴木雅弘は宇津木秀と7.19再戦

2024年6月3日 16時42分

 L・フライ級でWBC&WBO1位にランクされる岩田翔吉が7月6日、後楽園ホール「WHO’s NEXT DYNAMIC GLOVE ON U-NEXT」のメインでジャージール・トリニダード(フィリピン)と同級10回戦を行う。

左から村田、岩田、高見

 元アジア3冠王者の岩田(12勝9KO1敗)は22年11月の世界初挑戦でWBO王者ジョナサン・ゴンサレス(プエルトリコ)に敗れて以降3連勝。無敗のトリニダード(11勝6KO)に格の違いを見せつけて、世界再挑戦をアピールしたいところだ。

 同じリングには他にも帝拳のホープが出場。L・フライ級で世界ランク入りしている高見亨介(6勝5KO)は日本でもお馴染みウラン・トロハツ(中=15勝7KO6敗2分)と110ポンド契約10回戦。日本S・バンタム級5位の村田昴(6勝5KO)はブライアン・ジェームス・ワイルド(フィリピン=12勝6KO1分)と同級8回戦。日本フェザー級13位の金子虎旦(6勝4KO)はマイケル・カサマ(フィリピン=9勝9KO2敗1分)と8回戦を行う。

再戦が決まった鈴木(左)と宇津木

 7月19日の「WHO’s NEXT DYNAMIC GLOVE ON U-NEXT」は、東洋太平洋ライト級王者の鈴木雅弘(角海老宝石)が宇津木秀(ワタナベ)と初防衛戦を行う。

 両者は22年2月、日本王座決定戦で対戦し、宇津木が前日本S・ライト級王者の鈴木を9回TKOで下して日本タイトルを獲得した。今回、王者の鈴木はリベンジと初防衛、宇津木は2本目のベルト獲得を狙う。

Related article
関連記事