July
17
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

27°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > recommend > 武居由樹 新王者のストーリー あの最終12回に起きたことは… ビート7月号より

武居由樹 新王者のストーリー あの最終12回に起きたことは… ビート7月号より

2024年6月20日 15時40分

 倒さなければ自分の負け──。

 「ボクシングではマロニー。強打で武居」と予想されたこの試合。元来、KOに対するこだわりは人の何倍も持ち合わせているが、今回は、よりいっそうその思いが強かった。技術戦になれば、遊ばれてしまう可能性さえある。そういう覚悟を誰よりも本人が抱いていたはずなのだ。

 けれどもいざフタを開けてみれば、鋭く重い右ジャブで先制し、ストレートとアッパーを使い分けた左ボディー攻撃をキーブローとし、基本的なボクシング技術でもマロニーを上回っていったのだからおもしろい。そして、井上尚弥&拓真の初回ダウン同様、驚きハラハラさせた最終12ラウンド……。新王者誕生の気運が最高潮に達していたところから、大逆転KO負け寸前という奈落へ。まるでジェットコースター・ムービーのような急展開で、図らずも惹きつけた。

 王座獲得直後のニューヒーローは、勝ったという事実を喜びこそしたものの、試合内容や展開について興味を示さなかった。連打を浴びて棒立ちになった最終回“以外”を讃えても、むしろそちらを他人事のように振り返った。

 「映像は12ラウンドだけ見た」と言うのだから、普通の感覚とは真逆かもしれない。「どんな感じだったか気になった」と自分がやられている姿を確認し、傍目には良かったそれまでについては見ることもなく口ごもる。代弁すると、「倒せないシーンを見てもおもしろくない」からだ。

 誰の目にもリードして見えた最終回。そこに向かう心境を、「カッコつけちゃいました」と表現する。「『ここで倒したら盛り上がるじゃん』って考えちゃったんです」と、苦笑いを浮かべながら補足する。実際に出だしはそれまでと何ら変わらなかった。きびきびとした動きを継続し、思惑通りに進行させた。だが、パッタリと動きが止まる。「ふっとタイム表示を見てしまって、そこで『まだ半分もあるじゃん』って思ってしまったんです」

 ほんのわずかよぎったマイナス思考。一瞬の後ろ向きが、体に疲労感を思い出させた。その隙をマロニーは突いてきたのだった。..《文/本間暁》

 新チャンピオン武居のストーリー――記事全文は発売中のボクシング・ビート7月号に掲載しています。
こちらからもご購読できます
https://amzn.to/3KwDKuq

Related article
関連記事