May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 内山が8回TKOでV6

内山が8回TKOでV6

2012年12月31日 22時31分

 
 

大みそかトリプル世界戦のメインイベント、WBA世界Sフェザー級タイトルマッチは、王者の内山高志(ワタナベ)が1位(暫定王者)のブライアン・バスケス(コスタリカ)を8回3分TKOで下し、6度目の防衛に成功した(大田区総合体育館)。

 スタートからバスケスは足を使いながら、積極的に手数を出した。コンビネーションも思い切りがよく「これをもらったら危ないな」と感じさせる攻撃だ。ポイントこそ内山がピックアップしていたが、バスケスも決して悪くは見えなかった。

 内山中盤からボディブローを多用した。バスケスはダウン経験がなく、実際に体が柔らかくて打たれ強いと感じたからだ。内山はずしりと重い左ボディブローを何度も打ち込み、徐々に右ストレート、左フックといった顔面へのパンチにつなげていった。

ストップ勝ち直前の猛攻①
 
ストップ勝ち直前の猛攻②
 
 前半は動きのよかったバスケスは、やはりダメージが蓄積したのか、6回あたりから動きが悪くなった。迎えた8回、内山がボディ攻めから左フックを打ち込むと、タフなコスタリカ人が後退。ここぞとばかりに内山がラッシュすると、ラウンド終了のゴングと同時にレフェリーが試合をストップした。

 冷静かつ大胆なファイトで、負傷ドローに終わったV5戦のモヤモヤを払しょくした内山。ユルオルキス・ガンボア(キューバ)戦に期待が高まった。

Related article
関連記事