April
14
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > レベコ6度目の防衛なるか、あすヴィデス戦

レベコ6度目の防衛なるか、あすヴィデス戦

2014年3月21日 14時57分

 明日21日(日本時間22日)アルゼンチンで挙行されるWBA世界フライ級タイトルマッチの計量が20日行われ、王者フアン・カルロス・レベコ(アルゼンチン)が50.7キロ、挑戦者マヌエル・ヴィデス(パナマ)はリミットの50.8キロでパスした。試合はブエノスアイレス近郊のベナビデスのスポルティング・クラブで開催される。

レベコが明日V6戦(ボクシングニュース)
計量をクリアしたレベコ(右)とヴィデス

 レベコ(32勝17KO1敗、30歳)は暫定王者時代から数えて6度目の防衛戦。13年2月には日本で黒田雅之(川崎新田)に3-0判定勝ち、7月地元でウリセス・ララ(メキシコ)に8回TKO勝ち、同じく10月にはリカルド・ヌニェス(パナマ)に8回負傷判定勝ちと、昨年は3度の防衛を果たした。

 一方WBA12位にランクされるヴィデス(15勝9KO2敗)はWBCラティーノS・フライ級暫定王者の肩書きを持つ23歳。12年8月、同胞フリオ・エスクデロを4回TKOで破って獲得した王座をこれまで3度守っている。今回が国外初ファイトとなる。

Related article
関連記事