2014年4月19日土曜日

山中に挑戦のジャモエは日本代表GK川島のお友達

 4月23日大阪城ホールでのダブル世界戦で、WBC世界バンタム級王者、山中慎介(帝拳)に挑む同級3位シュテファーヌ・ジャモエ(ベルギー)が19日、大阪市都島区の大阪帝拳ジムで公開練習を行った。体重は前日にリミットを切ったそうで、リングで軽く体を動かし、サンドバックを叩いただけのごく軽い調整にとどめた。

 ジャモエはベルギーで史上初の世界王者誕生の期待がかかっている。それだけに強気で「山中選手の左パンチは強く、試合は厳しいものになると思うが、左の対策は積んできたし、僕の右ストレートで山中選手に悪夢を見させる」と自信たっぷりに語った。

 初来日には1歳年上の妻シャハリン・キャルスさん(25)も同行。長女マイリスちゃん(4)、長男ティミオちゃん(8ヶ月)はキャルスさんの母親に預けてきたという。10月4日に結婚式を予定しており、「必ず勝って派手な式にしたい」と話した。

 ベルギーのスポーツはサッカーが圧倒的な人気。国内リーグのスタンダール・リエージュのゴールキーパー、川島永嗣選手とは親交があり「ぜひ勝ってきてください」と激励されたそうだ。