May
25
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > コット4ポンドアンダー、明日マルティネスと激突

コット4ポンドアンダー、明日マルティネスと激突

2014年6月7日 15時08分

 ニューヨークの格闘技のメッカ、マジソン・スクエア・ガーデンで7日(日本時間8日)挙行されるWBC世界ミドル級タイトルマッチの計量が6日行われ、王者セルヒオ・マルティネス(アルゼンチン)が158.75ポンド(71.01キロ)、挑戦者ミゲール・コット(プエルトリコ)が155ポンド(70.31キロ)を計測。この試合はミドル級リミット160ポンドを1ポンドアンダーの159ポンド(72.12キロ)を上限に行われるが、コットはその設定よりも4ポンドもアンダーだった。

コット4ポンドアンダー、明日マルティネスと激突(ボクシングニュース)
フェイスオフで闘志を高めるマルティネス(右)とコット

 マルティネス(39=51勝28KO2敗2分)は4年前、ケリー・パブリック(米)から奪った王座の通算7度目の防衛戦。昨年4月、母国アルゼンチンで行った防衛戦(対マーティン・マーレイ)以来のリングとなる。

 対するコット(33=38勝31KO4敗)はミドル級デビュー。プエルトリコ人初の4階級制覇がかかる。2連敗後、昨年10月に再起。MSGのメイン登場は9度目。試合はニューヨークのプエルトリコデーの一環として行われる。

4年ぶりの再戦となるバスケスJr(左)とソンソナ

 セミ格では下田昭文を(帝拳)倒した男、マルビン・ソンソナ(フィリピン)がウィルフレド・バスケスJr(プエリトリコ)と4年ぶりの再戦。両者とも125.8ポンド(57.06キロ)だった。Photos/BoxingScene.com

Related article
関連記事