April
15
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > デラホーヤ氏、大健闘の亀海にビッグマッチ約束

デラホーヤ氏、大健闘の亀海にビッグマッチ約束

2014年6月23日 11時08分

 米カリフォルニア州カーソンでロバート・ゲレロ(米)とのウェルター級12回戦に0-3判定負けした亀海喜寛(帝拳)はリング上で「判定には納得しています。私は勝つために全力を傾けました。2度ほど脚がフラつく効いた場面がありましたが、私もゲレロにダメージを何度か与えました。でも彼は回復が早かった」と発言。控え室でも「残念です」という言葉を何度も発した。

デラホーヤ氏、亀海にビッグマッチ約束(ボクシングニュース)
亀海はゲレロを苦しめ高い評価を得た

「正直(ゲレロが)効いているなあ、バテているなあ、苦しいなあ、というのは分かってましたし、カットや腫れもパンチによるもの。本当にもったいない試合を落としました」。悔いが残るとすればゲレロの左アッパーをもらったことだという。「警戒していたんですが、それがたぶん鼻血を出す原因になったし、スタミナ配分の妨げにもなった。悔やまれますね」

 それでも最初はブーイングを浴びせたファンから、試合中そして試合後は盛大な歓声と拍手が送られた。プロモーターのオスカー・デラホーヤ氏も亀海の健闘を絶賛。「1試合前哨戦をはさんだ後、世界タイトル戦を組んであげたい」と亀海と陣営に公約。亀海自身も「以前ルスラン・プロボドニコフがブラッドリーにいい勝負をして、その後チャンスをつかんで世界タイトルに挑み、獲得した例があります。チャンスを開くのは自分のパフォーマンス次第ですから、周りが評価してくれたのはうれしいです」と次なる戦いへヤル気を見せた。(三浦勝夫)Photo/SHOWTIME

Related article
関連記事