日本語

Home > ニュース > 五十嵐が9.6ダイナミックグローブで復帰
ニュース

2014年7月8日 火曜日

五十嵐が9.6ダイナミックグローブで復帰

五十嵐が9.6ダイナミックグローブで復帰(ボクシングニュース)
五十嵐俊幸
 けがで長期欠場中の前WBC世界フライ級チャンピオン五十嵐俊幸(帝拳=IBF14位、WBO10位、WBC・S・フライ級7位)が9月6日、後楽園ホールで行われる「ダイナミックグローブ」で復帰することが決まった。対戦相手は未定。

 昨年4月にWBCフライ級タイトルを現王者の八重樫東(大橋)に奪われた五十嵐は同年9月に再起。当時WBO同級15位だったオマール・ソト(メキシコ)を寄せ付けず9回KO勝ちを収めた。その後、肩の調子が思わしくなくなり、1月に予定されていた再起2戦目をキャンセル。病院で左肩関節唇損傷と診断されて手術に踏み切った。

 五十嵐はその後、リハビリを経てジムワークを再開。現在はスパーリングを行うまでに回復した。9月6日の復帰戦はちょうど1年ぶりの試合。前日5日には八重樫が怪物ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)を迎えて4度目の防衛戦を迎えるとあり、五十嵐も大いに刺激を受けそうだ。

 葛西裕一トレーナーによれば「本人に焦りはまったくない」とのこと。スピードを武器にするスタイリッシュなサウスポーが再び世界に向けて動き出す。

Related

関連記事