July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

30°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > モラレス4階級制覇 カノをTKO

モラレス4階級制覇 カノをTKO

2011年9月18日 14時54分

 エリク“テリーブレ”モラレス(メキシコ、35歳)がS・バンタム、フェザー、S・フェザー級に続き4つ目のベルトを巻いた。17日ラスベガスのMGMグランドで行われたWBC世界S・ライト級王座決定戦でモラレスはパブロ・セサール・カノ(メキシコ)に10回終了TKO勝ち。
 序盤、若いカノ(21歳)がスピードと身長差を生かし、左右コンビネーションを決めるなど優勢に立つ。しかし4回の攻防でカノは左目をカット。これを境に元3階級制覇王者が攻勢に転じ、展開は拮抗する。カノのカットは徐々に広がり、モラレスの右がコンスタントにヒット。カノも右ストレートでモラレスの左マブタをカットさせるが、9回、モラレスのアタックで右目もカットし顔面は凄惨。10回、劣勢のカノはドクターチェックで続行が許可されたものの、ラウンド終了インターバルでセコンドが棄権を要請した。
 10ラウンドまでのスコアカードは96-94、95-95、97-93と2-0でモラレスが優勢だった。この王座はティモシー・ブラッドリー(米)が防衛戦の予定が立たず、はく奪されたため(その後名誉王者に変更)挙行されたもの。(三浦勝夫)

Related article
関連記事