April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 「この顔を見てくれ」 エルナンデス再戦をアピール

「この顔を見てくれ」 エルナンデス再戦をアピール

2014年11月3日 12時58分

エルナンデスが再戦をアピール(ボクシングニュース)
エルナンデス
 亀田和毅に挑戦し判定で敗れた前WBOバンタム級暫定王者アレハンドロ・エルナンデス(メキシコ)だが、試合後は意気軒昂。スコアに不満を述べながら、リマッチを要求している。

「私は勝者の気持ちだ。判定は正当ではないと思う。私のファンもたぶん同じ心境だろう。負けたけど、私はメゲていない。ハードな練習をしてまたここに戻ってくる。リマッチを望む」

“メヒカニート”亀田のお株を奪うように、ニックネーム“パヤシート”(ピエロ)のマスクをかぶってリングインしたエルナンデス。公式スコアが2-1で競っていたことも彼を奮い立たせている。「カメダは想像していたような選手じゃなかった。彼は自信がないように見えた。私が優位に立つと彼はナーバスになっていた。パワーパンチを振るってきたけど、こちらはダメージなし。この顔を見てほしい。私は全然平気だろう? 彼の顔面、目を見てくれ。どっちが勝者かわかるだろう」と言いたい放題。

Related article
関連記事