April
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > メイウェザーvsパッキャオ 試合実現の舞台裏

メイウェザーvsパッキャオ 試合実現の舞台裏

2015年3月16日 16時57分

 世界中のファンが長らく待っていた一戦が正式に決まった。フロイド・メイウェザー(米)とマニー・パッキャオ(フィリピン)の対決は5月2日(日本時間3日)、ラスベガスのMGMグランドにて挙行される。試合報酬はメイウェザー140億円、パッキャオが100億円といわれる。史上最もリッチは試合のファンファーレが鳴った─。=ボクシング・ヒート4月号から=

メイウェザーvsパッキャオ試合実現の舞台裏(ボクシングニュース)
3月11日の記者会見から

 試合締結のキーワードを探すと、やはり“バスケットボール”ではないだろうか。共通の趣味が2人を結びつける幸運の女神だった。1月27日マイアミで行われたNBAのマイアミ・ヒート対ミルウォーキー・バックス戦を両者はコートを挟んで観戦。会場で言葉を交わし、同夜パッキャオが宿泊するホテルの部屋をメイウェザーが訪れて会談。主役同士が急接近したことで実現の期待が一気に高揚した。

 2人が遭遇したのは偶然ではないという見方もある。あの日、2人は予め示し合わせて出会ったのだと。だが、いずれにせよ運命の糸はつながっていたのだ。どんな会話を2人がしたのかは、立ち会ったパッキャオのマイケル・コンシュ代理人しかわからない。メイウェザーがニュースを発信した翌日、同氏はメディアにこう話している。

「フロイドが試合のリード・プロモーターだ。あの夜、彼らが決断したのはファンの希望を優先させること。そう、どちらがいまの世代のベストファイターかを証明することだ」

 ビート誌の特集は「史上最高報酬ファイト実現までの舞台裏」、「メイウェザーが更新する自らのマネー記録」、「内外選・・関係者の予想 第1弾」、「メイウェザー×パッキャオは過去のウェルター級名勝負を超えられるか!?」などいくつかの角度から大展開しています。記事全文はビート4月号でお楽しみください。紙版・デジタル版の購入は右横の表紙をクリックしてください。Photo/SUMIO YAMADA

Related article
関連記事