May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 堤駿斗が計量オーバー あすアンセルモ・モレノとの世界ランカー対決は条件付き開催

堤駿斗が計量オーバー あすアンセルモ・モレノとの世界ランカー対決は条件付き開催

2024年4月16日 17時12分

 あす17日、後楽園ホールで開催される「Life Time Boxing Fights 20」の計量が16日、日本ボクシングコミッションで行われた。メインのフェザー級10回戦は、元WBAバンタム級王者で、現WBAフェザー級9位アンセルモ・モレノ(パナマ)が56.8キロで合格する一方、WBA10位、WBC8位にランクされる堤駿斗(志成=写真)が58.7キロで1.6キロ超過した。

 堤は1回目の計量で58.7キロで、2時間の猶予が与えられたものの、最終的に50グラムしか落ちずにギブアップ。両陣営が協議の末、堤があす17日午前10時に61.12キロ以下を守ることで、試合の開催が決まった。

 堤は昨年10月、ルイス・モンシオン・ベンチャーラ(ドミニカ共和国)との世界ランカー対決を、体調不良により試合前日にキャンセルしている。元世界ユース王者の堤はデビューから4連勝(1KO)のホープ。

Related article
関連記事