July
23
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ドネア楽勝 激闘ソト、アンティロン下す

ドネア楽勝 激闘ソト、アンティロン下す

2010年12月5日 19時55分

 4日、米カリフォルニア州アナハイムのホンダ・センターで行われた興行で、WBA世界S・フライ級暫定王座を返上したノニト・ドネア(比)が期待通りの強さを発揮。元WBA世界バンタム級王者ウラジミール・シドレンコ(ウクライナ)に快勝。メインではWBC世界ライト級王者ウンベルト・ソト(メキシコ)が挑戦者ウルバノ・アンティロン(米)と終始激しい打ち合いを展開した末、小差ながら3-0判定勝利で3度目の防衛を果たした。
 ドネア-シドレンコ戦は初回終了間際倒したドネアが体格差を利して優勢。3回、左カウンターでまた倒し、続く4回、目にも止まらぬワンツーで3度目のダウンを奪うと、顔面血まみれになったシドレンコを主審が救った。KOタイムは1分48秒。ドネアはWBC米大陸バンタム級王座を獲得した。
 ライト級戦は3階級制覇王者ソトに、メキシコ出身ながら地元ロサンゼルス育ちのアンティロンがプレスをかけて肉迫。そこへソトが迎撃するパターンで進行。挑戦者の猛アタックにソトが四苦八苦するシーンもあったが、コンビネーションの正確さと試合運びのうまさでソトに一日の長が。10回終盤ストップ寸前に追い込んだソトが、114-113が2者に115-112のスコアで勝利者コールを受けた。
※写真はシドレンコを倒しコーナーに向かうドネア=PHOTO/SUMIO YAMADA=

Related article
関連記事