February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 村田諒太、メイウェザーvsパッキャオに厳しい意見

村田諒太、メイウェザーvsパッキャオに厳しい意見

2015年5月4日 10時59分

村田諒太がメイウェザーvsパッキャオに厳しい意見(ボクシングニュース)
村田諒太
 2日(日本時間3日)米ラスベガスで行われたフロイド・メイウェザー(米)とマニー・パッキャオ(フィリピン)の一戦について、WBCミドル級7位の村田諒太(帝拳)は「勝者なき戦い。お客さんがこれで満足したのか。ボクシングはこれでいいのかと思った」とメイウェザーが勝利した一戦に厳しい意見を述べた。プレスビューが開かれた東京・辰巳のWOWOW放送センターで報道陣の取材に応じた。

 村田の採点は115-113でメイウェザーの勝利。「思っていたよりパッキャオがよかった。動きもよかったしスピードもあった。パッキャオはやることをやったと思うけど、メイウェザーがうまかったということ。入ってくる瞬間に合わせるパンチがよかったし、スピードがあった」としながらも「お客さんの反応がすべてだと思う」と続けた。

 お客さんの反応というのは、メイウェザーに対するファンの反応だ。あまりにディフェンシブな戦いに、会場ではブーイングも起きた。「この試合で118-110というのは、ボクシングのポイントに疑問を感じる。これでいいのかという思いはある」と村田。メイウェザーの勝利は支持し、その実力は認めながらも、ファンの感想と採点の間に溝があるとの見方を示した。

 さらに「いくら勝ってもお客さんの満足度が違う。自分も(勝利しながらも判定に終わった)5、6戦目でそれをすごく感じた。メイウェザーはあそこまでのレベルだから許されるのかもしれないけど、自分は許されないと思う。これからもそこを意識して練習していきたい」と最後は我が身を振り返り、気持ちを引き締めた。

Related article
関連記事