2015年5月24日日曜日

ロシアが金8 AIBA女子ジュニア&ユース世界選手権

 台湾の新北市新莊体育館で開催中のアマチュアのAIBA女子ジュニア&ユース世界選手権は23日、決勝が行われ実施階級で優勝者が決まった。
 
 
 ユース(17~18歳)とジュニア(15~16歳)で10名が決勝に進んだロシアは、ユースでは10階級のうち4階級を制覇(不戦勝含む)、ジュニアでも4階級を制し、今大会最多計8名が金メダリストに輝いた。
 
 そのほか、ジュニアとユースを合わせての金メダル数ではロシアに続きアメリカが4個、インド3個、カザフスタン、中国、イタリアがそれぞれ2個獲得した。地元台湾で唯一決勝戦に残っていたユース・フライ級のフアン・シャオウェンは中国のチャン・ユアンに際どい判定負けで銀メダルにとどまった。