日本語

Home > ニュース > 亀田兄弟&井岡一翔計量 與毅の相手は減量失敗
ニュース

2010年7月24日 土曜日

亀田兄弟&井岡一翔計量 與毅の相手は減量失敗

 亀田兄弟と井岡一翔が出場する「トリプル世界前哨戦」の計量が24日、大阪市内で行われた。
 L・フライ級戦は井岡が48.9キロ、対戦者のアルバート・アルコイ(比)が48.4キロでパス。53.0キロ契約10回戦はWBAフライ級王者の亀田大毅とメキシコのロセンド・ベガともにリミットちょうどでクリアした。
 明日のトリを務める亀田興毅(前WBCフライ級王者)も契約体重の52.5キロをつくったが、対戦者のセシリオ・サントス(メキシコ)が何と53.9キロの失態。1.4キロもの超過に計量会場は騒然とした。結局、協議のすえ試合の契約体重が53.9キロに引き上げられることになった。グローブハンデもなしで、JBC(日本ボクシングコミッション)によると、サントスが当日計量で58.2キロ(+8%)を超えると試合は成立しないということを確認したという。

Related

関連記事