日本語

Home > ニュース > リナレスがロスで初練習
ニュース

2010年7月23日 金曜日

リナレスがロスで初練習

 今月31日、ラスベガスで強敵ロッキー・フアレス(米)と10回戦を戦う元WBCフェザー級&WBA・S・フェザー級王者ホルへ・リナレス(帝拳)が22日(現地時間)最終調整地ロサンゼルスでジムワークを行った。
 当地のホープ、ホセ・エルナンデスとの5ラウンドのスパーでは途中ダウンを奪うなど熱のこもった攻防を披露したリナレス。相手のフアレスの印象を「とてもテクニカルなボクサーで、KOされたことがない。左フックと右ストレートは要注意」と評価。そして「ジャブを使い、距離を取って対処したい。KO決着はむずかしいかもしれないから、スピードを生かして判定勝ちか」と自ら展開を予測。そして「勝ったら、もう一度世界チャンピオンになるため、いい時間が訪れるだろう」と語っている。
 ラスベガスはオスカル・ラリオス(メキシコ)を倒してフェザー級王座を獲得したゲンのいい場所。だがリナレスは「フアレスはラリオスよりもずっと洗練されている選手。今回の試合の方が数段困難なファイトになる」と気を引き締めている。
(三浦勝夫)

Related

関連記事