2015年7月16日木曜日

白井・具志堅のホープ比嘉大吾、WBCユースF級戦

 白井・具志堅ジム期待の比嘉大吾(19歳)が24日、タイ・バンコクのシャム・パラダイス・ボクシング・アリーナでWBCユース・フライ級王座決定戦に出場することが明らかになった。比嘉はコンファー・CPフレッシュマート(タイ)と空位の王座を争う。

 沖縄出身の比嘉はここまで6戦全KO勝ち。6月8日はクリス・アルファンテ(比)を4回KOに下し、この試合が評価されて東日本ボクシング協会の月間新鋭賞を受賞した。相手のコンファー(20歳)は2013年9月のデビュー以来、14連勝中(8KO)。昨年はWBCユースのL・フライ級タイトルを獲っている。

 具志堅ジムに試合の正式決定の報が届いたのは先週末とのことだが、もとより比嘉はコンファー戦を想定して準備に余念がなかったという。8月10日に行われる月間新鋭賞の表彰式に「コンファーに勝ってベルトを持っていく!」と張り切っているようだ。

 遠征には具志堅用高会長、野木丈司トレーナーの帯同が決まっているのに加え、先輩でOPBFフライ級王者の江藤光喜も応援に駆けつける予定。タイのWBA暫定戦で勝利した経験のある江藤の存在は比嘉にとって心強いことだろう。