日本語

Home > ニュース > L・フライ級決勝は1年生対決 高校総体準決勝の結果
ニュース

2015年8月2日 日曜日

L・フライ級決勝は1年生対決 高校総体準決勝の結果

 兵庫県立総合体育館(西宮市)で開催中の全国高校総体ボクシング競技は2日、準決勝戦が行われ、明日の決勝戦に出場する8階級16選手が勝ち残った。

 ピン級重岡優大、ミドル級梅本錬はこの大会連覇を狙う。宮崎の日章学園は井上彪、颯の兄弟を含む4選手が決勝に残り、団体優勝が確実視される。1年生の活躍も目立った今大会、L・フライ級は松本圭佑が選抜王者の田村拓実に勝ち、決勝はジュニア・アジア選手権金メダリストの中垣龍汰朗との1年生同士で争うことになった。フライ級の堤駿斗、L・ウェルター級の荒本一成も1年生。決勝戦は明日午前10時半からスタートする。

■各級準決勝の結果(学校名の次の○数字は学年)
◇ピン級
重岡優大(熊本・開新③)[3-0]豊嶋海優(神奈川・横浜総合②)
松本流星(東京・日出②)[2-1]鶴林嶺(奈良・奈良朱雀③)

◇L・フライ級
中垣龍汰朗(宮崎・日章学園①)[3-0]飯村樹輝弥(東京・日出③)
松本圭佑(神奈川・みなと総合①)[3-0]田村拓実(広島・崇徳②)

兄颯と決勝進出を決めたフライ級・井上彪(右)

◇フライ級
井上彪(宮崎・日章学園②)[2-1]大湾硫斗(沖縄・美来工科②)
堤駿斗(千葉・習志野①)[3-0]増田陸(広島・広陵③)

◇バンタム級
井上颯(宮崎・日章学園③)[3-0]小田川文也(岐阜・岐阜工③)
今永虎雅(奈良・王寺工③)[2-1]金子虎旦(東京・日出③)

ライト級で決勝進出を決めた堤本(左)

◇ライト級
齋藤麗王(宮崎・日章学園②)[3-0]玉城康平(沖縄・沖縄水産②)
堤本銀次郎(大阪・興国③)[3-0]森下心一朗(京都・京都学園②)

◇L・ウェルター級
細野恭兵(北海道・札幌工定④)[3-0]中井龍(兵庫・西宮香風③)
荒本一成(奈良・王寺工①)[3-0]中勇人(大阪・興国③)

◇ウェルター級
原田健太(広島・安芸南③)[3-0]櫻井二世(京都・京都学園③)
岩崎淳平(大阪・中央③)[2-1]黒柳禅(栃木・作新学院②)

◇ミドル級
梅村錬(岩手・江南義塾盛岡③)[TKO2回1分32秒]新城奈津(兵庫・芦屋学園②)
正木建伸(広島・広陵③)[2-1] 国本陸(大阪・興国③)

Related

関連記事