February
29
Thursday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

7°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 小関桃vs宮尾綾香、10.22女子WBC・WBA統一戦

小関桃vs宮尾綾香、10.22女子WBC・WBA統一戦

2015年8月25日 18時07分

 女子チャンピオン同士の統一戦が実現!  WBCアトム級小関桃(青木)とWBA・L・ミニマム級宮尾綾香(大橋)の対決が10月22日、東京・後楽園ホールで挙行されることになった。25日、大橋ジムで両王者が出席して記者会見が行われた。階級の呼称が異なるが、WBCのアトム級とWBAのL・ミニマム級は同一体重。

統一戦に闘志を燃やす宮尾(左)と小関

 女子の連続防衛記録を更新し続ける小関は実に16度目。王座統一戦はもちろん初めてのことで、「このタイミングで最高の相手と、最高の舞台で戦えるのだから最高にうれしい」といつもよりも意欲的な発言が飛び出した。「戦いたいと言ったのは自分のほうからなので……」というのがその理由。安泰王者の小関をさらにその気にさせてくれる相手、それが宮尾なのだ。「自分のいまの課題を克服できれば必ず勝てると、はっきり分かっています」とも。

 WBAのベルトを持つ宮尾もやる気満々。大橋秀行会長によると、当初は小関側からの対戦希望を時期尚早と断っていたものの、宮尾もベルトを巻いて着実に強くなり、すでに5度防衛をマーク。堂々とチャンピオン対決に臨むにあたり、宮尾は「いつか対戦したいと思っていたので、ついに来たという感じ」と気持ちが高ぶっている。小関が「ベルトよりも宮尾選手(に集中)」と語ったのとは対照的に、「私はベルトが2本欲しい」と貪欲な姿勢を見せた。

 宮尾の大橋会長と小関の有吉将之会長ともども「女子ボクシングがこれで盛り上がってほしい」と人気向上の起爆剤となることを期待するトップ対決。日本の女子ボクシング界初の統一チャンピオンは――!?

 なお試合は大橋ジム主催の「第56回フェニックス・バトル」で行われ、メインでは日本フェザー級王者細野悟(大橋)が挑戦者渡邉卓也(青木)を迎える一戦も行われる。細野はさる20日に大坪タツヤ(T&T)を判定で下してV3に成功したばかり。元WBCユース・ライト級王者の渡邉は2012年7月に当時の王者天笠尚(山上)に挑んで以来2度目の日本タイトル挑戦となる。この日の興行はフジテレビで放送されることが決まっている。

Related article
関連記事