0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2015年8月29日土曜日

ブローナーがWBA・S・ライト級決定戦に出場

 前王者ジェシー・バルガス(米)のウェルター級進出で空位となったWBA世界S・ライト級“レギュラー”王座がWBA2位エイドリアン“ザ・プロブレム”ブローナー(米=写真右)と同5位ハビブ・アラフベルディエフ(ロシア=写真左)の間で争われることになった。28日(日本時間29日)試合を全米へ中継するショータイムがメディアに通達した。試合は10月3日、ブローナーの地元オハイオ州シンシナチのUSバンク・アリーナで挙行される。

 これまでS・フェザー級(WBO)、ライト級(WBC)、ウェルター級(WBA)でチャンピオンに君臨したブローナー(30勝22KO2敗)は1階級下げて4階級制覇をねらう。6月、ショーン・ポーター(米=前IBFウェルター級王者)に判定負けしており、再起戦ともなる。もっとも最近“嫌われキャラ”で通すブローナー(26)は「この決定戦は私にとり、4階級制覇を実現するビッグチャンスだ」と相変わらず周囲の批判などどこ吹く風という雰囲気だ。

 このタイトルの元保持者アラフベルディエフ(19勝9KO1敗)はバルガスとの接戦で失ったベルトの奪回を目指す。「ブローナーはグッドボクサー。彼は速く、才能ある男だ。だけど彼の性格に関してはいい話を聞いたことがない。試合で彼が何か汚いことをやろうとしたら、私は怒りをぶつけて戦う」と真っ向勝負の構えだ。

 WBAのS・ライト級はダニー・ガルシア(米=WBC王座は返上)が“スーパー”王者に君臨。ホセ・ベナビデス(米)が暫定王者を占める。本来ならベナビデスvsブローナーで正規王座決定戦だろうが、暫定王者はトップランク社にプロモートされるため、試合は成立せず。このイベントはアル・ヘイモン氏のPBC(プレミア・ボクシング・チャンピオンズ)の一環として行われる。

 同じリングでIBF世界S・フェザー級王者ホセ“スナイパー”ペドラサ(プエルトリコ)がベテランのエドナー・チェリー(米)を迎えて防衛戦を予定している。